2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転で5度目Vの浅田真央「いつもと同じように滑ることができた」=全日本フィギュア女子
スポーツナビ 12月25日(日)21時29分配信

2011_jpn_nats.jpg

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111225-00000025-spnavi-spo

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、大阪府門真市のなみはやドームで行われ、女子フリースケーティング(FS)では、SP2位の浅田真央(中京大)が118.67点、合計184.07点で逆転で2年ぶり5度目の優勝を飾った。鈴木明子(邦和スポーツランド)が119.67点、合計179.27点で2位、SP首位の村上佳菜子(中京大中京高)は、107.13点、合計172.69点で3位となった。

 以下は浅田のコメント。
「終わってほっとしました。後半の得意のトリプルループを失敗してしまって、すごく悔しかったです。後半も特に疲れることなく、滑ることができました。スタミナに問題はありません。
(冒頭をダブルアクセルにしたが)パーフェクトな演技を見越しての判断でした。リンクに出ていく直前に(佐藤信夫)先生と相談して決めました。
(今朝の練習では調子が良かったが)今朝から、トリプルアクセルの回転が良くなりました。1試合ごとに、回転が以前跳んでいたものに近づいています。ただ、トリプルアクセルで負荷をかけて崩れるよりは、全体を考えました。

(しばらくスケートを休んだ後再開してどうだったか?)思ったより悪くなかったです。ジャンプや体力も問題なかったです。信夫先生とずっと一緒にやってきたものが徐々に出ているんだと思います。毎日が練習と生活の繰り返しで、余計なことを考えてる暇がなかったです。試合に向けてやらないと、と思って。
(SPを2位でフリーを迎えたが?)ショートで離されることが多かったのですが、今回はほとんど差がなくフリーだったので、ここからがスタートだな、と思いました。
(5度目の優勝だが?)気持ちの部分でも、いつもと違う状況でした。いつも通りと思いましたが、ショートではやっぱり何か違うという感じがしました。フリーでは、いつもと同じように滑ることができたと思います。2011年を優勝で締められてうれしいです」

Mao Wins 5th National Title Coming from Behind
Sport Navi Dec 25

In the Ladies’ free skating of the Japan National Championships held in Namihaya Dome, Kadoma City, Osaka on Dec 25, Mao Asada of Chukyo University won her 5th national title with the total points of 184.07, adding the free skating points of 118.67 to the short program score that she finished 2nd.
Akiko Suzuki finished 2nd earning total 179.27 points by adding 119.67 points in the free skating, and Kanako Murakami finished 3rd earning total 172.69 points by adding 107.13 points although she finished top after the short program.

Mao Asada’s comment:
“I’m relieved to have finished the competition. It was very disappointing that I missed the 3Lo at the end because I’m usually confident in it. But I was able to finish the program without being exhausted. I have no problem with my stamina.

(About choosing 2A in the beginning of the program) I chose it to make the program perfect. I talked with Mr.Sato just before I took the ice.

(About the good condition of 3A in the morning practice) From the practice this morning, I started landing 3A with better rotation. As I finish each competition, the rotation of 3A is becoming closer to what I was jumping before. But this time, I prioritized the overall perfection rather than putting too much energy on 3A and shattering the rest of the program.

(How was the condition after stopping practice for several days and starting again?) It was not as bad as I had anticipated. I had no problem with the jump quality and body strength. I think what I have built with Mr. Sato is gradually paying off. Because I had to practice and get back to my normal life at the same time, I had little time to be distracted. I was just thinking about what I had to do for the competition.

(About facing the FS after finishing 2nd in the SP) Previously I was left far behind after SP, but this time there was very little points to recover. I thought it was the beginning again.

(About the 5th victory in the Japan Nats) I had a different feeling inside from usual competitions. I kept in mind to do as usual, but I felt something different in the SP. I think I could perform as usual in the FS. I’m so happy that I finished 2011 with victory.”



***

真央「お母さんが一番近くにいるという感じがした」
スポーツナビ 12月25日(日)22時53分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111225-00000029-spnavi-spo

 日本スケート連盟は25日、来年3月にフランスのニースで開催される世界選手権の代表選手を発表した。女子は2年ぶりの優勝を目指す浅田真央(中京大)、鈴木明子(邦和スポーツランド)、村上佳菜子(中京大中京高)が代表。男子は高橋大輔(関大大学院)、小塚崇彦(トヨタ自動車)に加え、全日本で3位に入った羽生結弦(東北高)が悲願の初出場を決めた。

 以下は浅田のコメント。
「世界選手権に出られると決まってすごくうれしいです。世界選手権ではもっともっとレベルアップできるように頑張ります。昨シーズンの最後に『愛の夢』を最高のレベルで演技できなかったので、今年は最高のレベルで滑れるようにと心がけて練習していきたいです。
 昨シーズンは初戦から自分の思うような演技ができないまま世界選手権を迎えて、世界選手権でもあまり良い演技ができなかったのですが、今シーズンは初戦から徐々に安定もしてきていますし、良い状態でシーズン後半を迎えると思うので、そういう意味で自分の今の状態はとても良いんじゃないかなと思います。
(お母さんにどんな報告をしたい?)今回(お母さんが)一番近くにいるという感じがしたので、何も報告しなくても分かっていると思います」


“I Felt My Mother Closest To Me” – Mao

Japan Skating Federation announced the Japan representative team for the World Championships to be held in Nice, France in March 2012. The ladies’ team will be consisted of Mao Asada who aims to win the title after 2 years, Akiko Suzuki and Kanako Murakami. The men’s team will be consisted of Daisuke Takahashi, Takahiko Kozuka and Yuzuru Hanyu who will be competing in the Worlds for the first time after finishing 3rd in the Japan Nationals.

Mao Asada’s comment:
“I’m very happy that I can make to the Worlds. I will do my best to improve my performance by the Worlds. Because I was unable to show the best performance of Liebestraume last season, I will practice hard and show the best performance this season.
Last season, I couldn’t perform as I wanted from the beginning of the season and it lasted till the Worlds. This season, I’m gradually becoming stable from the first competition and going to be better in the latter part of the season. In that sense, I feel that I’m in the good condition now.

(What would you like to tell your Mom about the result?) I felt that my mother kept staying closest to me, so I think she already knows before I tell her anything.



*************


真央ちゃん、優勝おめでとう!!!
ミスはあったし、私はいつもの真央ちゃんよりもパワーが少し足りないかなと見えましたが、それでもよくやったと思います。世界選手権まであと3ヶ月。今は気持ちが張り詰めているけど、それを維持するのが大変ではないかと思います。念願の3Aを入れられるよう、いい練習ができるといいですね!

Congrats for your victory, Mao!!!
She had some mistakes, and to me she looked lacking in power compared to her usual performance. Still, she did very well!
3 months to the World Championships. Although she was all tensed up for the Japan Nats, it might be difficult to maintain the tension until the Worlds.
I hope she can do good practice and include 3A that she desires to jump! :)
スポンサーサイト

Comments from Mao and Mai about their Mother

mao_jupiter_ballet_jump.jpg


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111212-00000062-mai-spo


◇ 浅田真央選手のコメント全文


応援してくださっている皆さん、スケート関係、及びマスコミの皆さんへ

この度は、大変ご心配をおかけするとともに、試合直前の欠場となり、大変ご迷惑をおかけしました。

最初ケベックで連絡を受けたときは、今すぐに帰りたい、という気持ちと、試合を欠場しても良いのか?という思いで複雑でしたが、すぐに帰国して良かったと思っています。

帰る飛行機の中では、色々な事を考えましたが、きっとお母さんは自分が帰ってくるのを待っていてくれると信じて、ずっと祈っていました。

しかし、成田空港に到着してすぐにメールを確認すると、「ママは頑張れなかった」というお父さんからのメールを見て、涙が止まりませんでした。

それでも、もしかしたら、と思い、名古屋の病院に駆けつけ、何度も「真央だよ!」と叫びましたが、やすらかな顔をしたお母さんは、やはり目を開くことはありませんでした。

でも、充分頑張ったし、もう、痛い思いをしないで済むんだ、と思うと、少しホッとする部分もあります。

この半年、容態が良くない時が時々あり、名古屋を離れる時は、いつもこれが最期かも、と思いながら出発していました。

まだ、信じられない気もしますが、お母さんに今までより近くで見守られている気がします。

私たち姉妹にたくさんの愛を注いでくれたお母さんに、何度「ありがとう」と言っても足りません。

生前、家族で約束した通り、今後も自分の夢に向かって、やるべき事をしっかりやることが、お母さんも喜んでくれる事だと思い、今まで通り練習に励みたいと思います。

皆さん、今後とも応援よろしくお願いします。

浅田真央




◇ 浅田舞さんコメント全文

皆様

この度、私たち姉妹の母の件では、多くの方にご心配をいただき、ありがとうございます。

真央の帰りを待たずに、母は永眠することとなりましたが、生前より、真央に弱っている姿を見せたくない、と申しておりましたので、その希望通りであり、真央が到着すると、いつも通りの寝顔も心なしか微笑んでいるように見えました。

私は23年、真央は21年しか母と過ごせませんでしたが、過ごした年月以上の愛情を注いでくれたと思いますし、たくさんのものを残していってくれたと思います。

これからは、亡き母に心配をかけないよう、父を支えながら、自分の道をしっかり歩んで行きたいと思います。

皆様、今後とも、私たち姉妹をどうかよろしくお願いします。

浅田舞


Mao Asada’s Comment

To fans who support me, the concerned parties in the figure skating world and the mass media

I deeply appreciate your concern and apologize for the inconvenience caused by my sudden withdrawal from the competition.

When I got informed (of my mother’s critical condition) in Quebec, I had a complexed feeling of desire to go home soon and hesitation about withdrawal from the competition. However, now I think I made the right decision.

I thought about many things during the flight home, but I was praying for my mother believing that she would be waiting for me to return.

However, when I checked my cell phone as soon as arriving in Narita, there was an email from my father saying “Mom couldn’t hold on.” I couldn’t stop crying reading it.

Still, thinking “just maybe,” I rushed to the hospital in Nagoya and called out to my mother “it’s Mao!” for many times. But mother, with a peaceful look, never opened her eyes again.

But on the other hand, I know she had fought enough, and I am a little relieved to think that she doesn’t have to feel pain any more.

Because her condition became worse for several times during the 6 months, I always thought “this might be the last time” every time I traveled away from Nagoya.

Though partly I still can’t believe it, I feel like mother is watching over me even nearer to me than before.

I can’t say “Thank you” enough to my mother who gave us lots of love.

As I promised with my family when mother was still alive, I will keep practicing hard, believing that she will be happy if I do what I should do for my dreams.

I look forward to your continued support.

Mao Asada


Mai Asada’s Comment

Thank you for great concern about our mother.
Mother passed away before Mao returned. However, as she always hoped not to show her illness to Mao, she did as she had wished. When Mao arrived, mother looked as if she was smiling slightly.

I was with mother for 23 years, and Mao only 21 years. But I think she gave us much more love than the years we passed together. She left us a lot of things.

For the future, I would like to pursue my own path so as not to worry our past mother, supporting our father.

Your continued support for us would be greatly appreciated.

Mai Asada

***********

お母様のご冥福をお祈りいたします。
姉妹が力を合わせて幸せになってくれますように。

May her soul rest in peace.
I hope Mao and Mai will help each other and live happy lives.

Samurai Athlete Mao-62 Mao's New Programs

Mao's New Programs

Mao_AirWeave_03.jpg

Mao_AirWeave_01.jpg

Mao_AirWeave_02.jpg



真央ちゃん、来シーズンのテーマは「お姫様」!(06/21 15:09) テレ朝ニュース


http://www.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20110621_120.html


女子フィギュアスケートの浅田真央選手(20)が21日、都内で行われた「浅田真央×エアウィーヴ ブランドアンバサダー就任発表会」に出席した。「エアウィーヴ」は、独自に開発された新素材のマットレスパッド。4月にモスクワで行われた世界選手権には2タイプの「エアウィーブ」を持参するほどで、「長時間座っていると腰が痛くなるので、これがないと安心できません」という惚れ込みよう。最初はクッションタイプを愛用していたといい、「長時間の車の移動のとき、腰の痛みがなくなってびっくりしました。マットレスは夏用と冬用があって、夏用はスッキリ、サラサラ。冬用はすごく柔らかくてフワフワ。どっちも好きです」とアンバサダーらしく、使い心地をアピールした。また、来シーズンのテーマは「お姫様」と明かし、「音楽も衣装も振り付けも楽しめるものになっていると思います。物語の主人公になりきって演じます」と期待をのぞかせた。


Mao Asada's New Program is a "Princess"
TV Asahi News

Mao Asada appeared in the press conference to announce her inauguration as the ambassador of a matress brand Air Weave held in Tokyo on June 21. Air Weave is a matress made of an innovative new material. Mao is such a big fan of this matress that she brought 2 types of Air Weave matresses to the World Championships held in Moscow last April. She says "I cannot feel fully relaxed without this matress. I start feeling a pain when I keep sitting for a long time." She used a cushion product of this brand at first and found she didn't have a back pain even after a long drive. "The one for summer feels fresh and dry, while the one for winter is soft and fluffy. I love them both," she appealed the advantages of the product as the ambassador.
She also revealed the theme of her new program for next season. The theme is "a princess."
"I'm sure everything from the music, costume to choreography will be fun to see. I will perform the program like a real princess in the story."



浅田真央選手、来季は「お姫様になりきる」
2011年 06月21日 15時36分提供元:共同通信

http://news.so-net.ne.jp/article/detail/592408/?nv=r_cmn_photo

 ウィーヴァジャパンのブランドアンバサダーに就任した、フィギュアスケート選手の浅田真央さん
 「浅田真央×ウィーヴァジャパン ブランドアンバサダー就任発表会」が21日、都内で行われ、フィギュアスケート選手の浅田真央さんが登場した。 浅田さんはウィーヴァジャパン製マットレスのエアウィーヴを遠征先や海外での試合に持ち歩いているといい、「これを持っていると、どこでも安心して寝られるんです」と、にこやかにPRした。 現在、フィギュアスケートはオフシーズン中だが、「練習は毎日やってます」という浅田さん。来季について質問が出ると、「SP(ショートプログラム)はロシアで作ってきました。一つの物語になっていて、主人公はお姫様です。新しいバージョンの曲調に、新しい衣装、そして振り付けも楽しめると思います。お姫様になりきって演じようと思ってます」と語った。“トリプルアクセル”に話が及ぶと、「(フリーに入れるかは)まだ予定が決まっていないので、シーズンに入るまでわからないと思います」と語るにとどめた。

Mao Asada Will Become a Princess Next Season

Mao Asada was designated as the ambassador for a matress brand Weave Japan.
Mao always carries her Air Weave matresses to attend overseas competitions. She smilingly said "I can sleep very well, relaxed, with this matress." Although figure skating season is off right now, she practices every day. Asked about her new program for next season, she answered, "We made the short program in Russia. It's a story featuring a princess. It's a new type of music for me, and the costume, the choreography, everything is fun to see. I will perform the program like a real princess in the story." Asked about 3A, she answered "I haven't decided whether to include one in the free program yet. I won't decide until the season starts."



浅田真央、来シーズンは「プリンセス」になる!?
2011/6/21 16:01 J-CASTニュース

http://www.j-cast.com/mono/2011/06/21099048.html

女子フィギュアスケートの浅田真央選手(20)が、高反発マットレスパッド「エアウィーヴ」のブランドアンバサダー(大使)に起用され、2011年6月21日、都内のホテルで記者発表会が開かれた。イベント後の囲み取材では、来シーズンの振り付けについて、「曲名はひみつ」としながらも、「ひとつのプリンセス、女王様の物語」と、その一端を明かした。
浅田選手がPRすることになった「エアウィーヴ」は、07年に発売された。(1)寝返りが打ちやすい(2)体重が分散され、体に負担がかかりにくい(2)通気性が高い(3)洗濯しやすい、のが特徴で、10年のバンクーバー五輪では、浅田選手を含む約70人が選手村に持ち込んで使った。全日空(ANA)のファーストクラスの座席にも採用されている。
「毎日必ず7~8時間は寝るようにしている」
という浅田選手は、
「睡眠をとることで、次の日に頑張ろうという気持ちになるし、疲れもとれる」
と睡眠の重要性を協調。製品の使い心地については
「沈むわけでもなく、硬いわけでもなく、ちょうどいい」
と、顔をほころばせていた。
製品の価格は、シングルベッド用が6万6150円で、持ち運び用が5万8275円。


Mao Asada became the ambassador for the matress brand Air Weave and attended the press conference.
In the press conference, she revealed a theme of her new program - "a story of a princess/queen" - although she kept the music title secret at this point in time.
Air Weave, launched in 2007, is known for various advantages including (1) easy to roll over, (2) spreads body weight evenly, and (3) easy to wash. As many as 70 athletes including Mao who attended the Vancouver Olympics brought the matress in the Olympic camp. It's also employed in the first class seat of All Nippon Airways.
Mao emphasizes the importance of good sleep saying "I make it a rule to take 7- 8 hours' sleep every day because it's necessary to keep me motivated and relieve fatigue." She smilingly praised the product saying "It's not too soft and not too hard. It's the best feeling." The matress prices are: a single bed matress is Y66,150 and a portable matress is Y58,275.


<フィギュア>浅田真央 来季フリーもリスト「愛の夢」使用
毎日新聞 6月21日(火)18時25分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110621-00000057-mai-spo

 フィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)は21日、東京都内で取材に応じ、来季のフリーに今季と同じ、リスト作曲のピアノ曲「愛の夢」を使うことを明らかにした。2季連続の同一曲使用は異例だが、グランプリ(GP)ファイナル進出を逃すなど不調だったシーズンを念頭に、「最高の演技ができていない状態で、『愛の夢』を終わらせてしまうのは寂しい」と理由を語った。

 振り付けは今季と同じ、ローリー・ニコル氏が担当。「ローリーと相談して、今季とは違った感じにしたい」と述べ、「マイナーチェンジ」を示唆した。一方、今季はシュニトケ作曲のタンゴだったショートプログラム(SP)は曲を変更。「曲名はまだ秘密」と明かさなかったが、「お姫様の物語で、主人公になりきって演じる内容。華やかな曲調で、曲も衣装も楽しめます」と説明した。

 浅田はこの日、自身がイメージキャラクターに選ばれたマットレスパッドの記者発表会に出席。「睡眠をよく取ることで、ハードなトレーニングも頑張れる」と、睡眠の重要性を説いた。【芳賀竜也】


Mao Asada revealed in a press conference held in Tokyo on June 21 that she would use the same music as last year, "Liebestraume" by Frantz Lizst, for the free program of next season. It's not usual to use the same music for 2 seasons, but she explained the reason, recalling her unfavorable results of last season typically represented by her absense from the Grand Prix Final, that "I didn't want to give up my 'dream of love' before showing my best performance."
Lori Nichol will chopreograph the music to her again. Mao suggested there will be small changes to the program saying "I would like to make it look different from last season after discussing with Lori." On the other hand, she will change the short program music from last season's Shnytke's Tango. She kept the music title a secret at the moment, but explained that "it is a story of a princess and requires acting performance to look like a real princess. Bright music, costume... you will enjoy everyting."
Mao attended the product launch event of a matress product that she endorses and emphasized how important it is to take a good sleep saying "I can endure hard training by sleeping well."


**************

お久しぶりです!
なかなかまとまった時間が取れず、真央ちゃんの記事や番組があったのにサボっとりました^^;

Air Weave のイメキャラになったんですね!
手に「マットレス」とメモするほど大事なマットレス。最近はいつも空港のカートに乗せている姿を見ましたよね。
真央ちゃん以上のアンバサダーはいないと思います。しかしなんという美人さん・・・!なんか本当に最近可愛いというよりも美人さん。いや美人で可愛い。(←)

さてさて、今季プロはSPがお姫様または女王様。FPが愛の夢ですか。
実を言うと、SPは誰か新しい振付師、FPがタラソワせんせぇの魔法でまた新しい真央ちゃん誕生!だったらいいな~・・・なんて思っていたのですが、やはり鉄板な人選でしたね。
五輪までこの体制で行くのかな? 確かに、昨季は結果が残せないシーズンとなってしまったし、まだまだ技術面の課題山積な状況で、新しい振付師という賭けはなかったのかもしれませんね。

もちろんローリープロも好きだし、愛の夢は本当にきれいだったし、真央ちゃんと一緒に数々の名作を生んでいるし、何も問題はないんだけれど、ただなんとなく・・・新しい真央ちゃんが見られる気がしないと言いますか・・・わりとステレオタイピングから創作をする方なのかなという気がするのです。それは「その選手の持ち味を活かす」ということでもあるのですが。

愛の夢をどんな風に2年目に持っていくんでしょう。何かあっという工夫をしてくれたらいいな。
Pチャンのオペラ座のようなドラマチックな、いろんな局面があるような曲ではないし、どのようにリフレッシュしていくんでしょう。

「鐘」はタラソワ渾身の、五輪にふさわしい作品だったと思いますが、実は、仮面舞踏会を五輪のSPに持ち越した意図は、いまだにはっきり腑に落ちていません。
初めてプロを見たときは、前年と音源も同じだったし、前年の佳作であったFPをただ短くしただけのように見えてしまいました。ただ、真央ちゃんの調子が上がっていったことと振付を手直ししたことで、結果的には、初々しい笑顔で社交界デビューを楽しむような素晴らしいワルツに仕上がり、大好きなプロの1つになりました。

その華々しさと対比するような短調の繰り返すメロディーが、まるで主人公の悲劇的な行く末を予言しているようにだんだん見えてきて、ただ愛らしい女性の物語というだけでなく、まるでドガの絵のように、その輝きを取り囲む暗黒の世界も見えるような作品へと育ったと思います。
今になって五輪のSPを見ると、その翌日に起きたことがその暗黒の世界であったように見えて、懸命にワルツを踊る真央ちゃんがよりいっそう健気に愛らしく見えるのです。真央ちゃんの情熱のボルテージが上がるにつれて曲とぴったりマッチしていった「鐘」とともに、「プログラムというのはこんなふうに選手と一緒に育っていくのだな」とつくづく思わされた2つの作品でした。

2年目の愛の夢は、どうなるんだろう。
きれいきれいな夢のようなイメージだけでなく、プラスアルファしてくれたらいいなぁ。
リストならば、きれい系では「エステ壮の噴水」、激しい系では「マゼッパ」、両方かねそなえた「カンパネラ」、エキゾチック系「ハンガリー狂詩曲第2番」などなど、真央ちゃんがいつかやってくれたらいいなぁ~と夢想していた作品が他にもあったのだけれど。それは勝手な私の妄想ですけど(笑)
ローリーせんせぇ、どうぞ素敵なプロに作ってくださいませ、期待していますね!

そしてSPはプリンセス? 女王様?
それは演じなくてもすでになっているではないですかー(笑)
なんだろ? やはりロシア物?
チャイコなら白鳥の湖、眠れる森の美女とか?
プロコならシンデレラ?
ロシア以外だと、アイーダ、トゥーランドット、シェヘラザード、サロメ等々、音楽界は姫と女王には事欠きませんので、サッパリ分かりませんね! (笑)

真央ちゃん x チャイコといえば、「くるみ割り人形」ですね。
あれ? 妖精が一人混じってるけどいいの? ・・・というGPFで華々しいデビュー。
プロコのシンデレラもちょっぴりの毒があっていいかも。
いえ、どれもやってほしい。真央ちゃんへの夢は尽きません。
楽しみですねぇ。発表はいつかな?


Hello, everyone! Long time no update.

Mao became the ambassador for the Air Weave matress.
It’s so important for her that she wrote “matress” on the back of her hand so she wouldn’t forget to bring it. She always carries one or two matresses on the cart in the airport.
There’s no one who can endorse this product better than her, indeed.
She’s grown so beautiful…! She used to be cute, but now she’s more beautiful than cute. No, she’s cute and beautiful. (sorry, yeah, I know I’m being stupid)

Well, she’s chosen a music about a princess/queen for the SP by TAT and Liebestraum for the FS by Lori.
To tell the truth, I had hoped she would choose a new choreographer for the SP and TAT for the FS for the new season. I wanted to see how Tarasova makes another new personality out of Mao again.
But it turned out that she went rather conservative.
She may keep this way till Sochi, perhaps? But it’s no wonder for this season because she didn’t have good results last season and has a lot of technical issues to be addressed. She couldn’t have been made a choice that can be risky.

Yes, I love Lori’s programs, yes, Liebestraume was beautiful, yes, Lori has made a number of great programs with Mao. There’s no problem. But, if I may say so, I don’t feel she will pull something new out of Mao. To me, her way to make a program starts with stereotyping of the skaters. Of course, it is a good way to enhance the advantages of the skaters, though.

I’m really curious how Lori and Mao will make Liebestraume look fresh in the 2nd year.
I would be happy if they will make some big changes. Liebestraume is not so dramatic, theatrical type of music as “Phantom of the Opera.” How will they refresh the program?

I think “Bells of Moscow” was TAT’s challenge to the Olys. It was an enormous program.
However, I still haven’t fully understood what TAT origianlly aimed by bringing “Masquerade” from the previous year. When I watched the SP version of “Masquerade” for the first time, I felt that it’s simply a shortened version of the previous year’s brilliant LP. However, as Mao recovered her jumps and choreography got improved toward the end of the year, it eventually became a brilliant piece of work. It grew to be a story of a debut of a beautiful young woman dancing to the gorgeous waltz. It’s one of my favorite Mao’s programs now.

In contrast to the brilliant dance, the repetitive minor tone of the melody suggested the tragic destiny of the woman. It was not merely a story of a lovely woman but became a deeper story of life and fate, by letting us imagine the darkness surrounding the gorgeous moment of life just like a paint by Doga.
When I watch Mao’s SP in the Vancouver Olys now, I feel the darkness surrounding Mao is what happened the day after, which makes Mao look more and more touching and lovely.
Together with “Bells of Moscow” which became an enormous program as Mao’s passion voltage increased to catch up the music, I realized how programs grew with a skater by these 2 programs.

So, what will become of Liebestraume?
I hope there will be something added to the beautiful, beautiful, dreamy, dreamy atmosphere.
I have several pieces by Liszt I hoped Mao to choose… Les Jeux d'Eaux à la Villa d'Este, Mazeppa, la Campanella, Hungarian Rhapsody 2 etc….but it’s only my dream! :D
Anyway I expect Lori and Mao will make something brilliant for the next season!

And the SP is a story of a princess or a queen??
But Mao doesn’t have to act because she’s already a princess and a queen! ;D
What is the music? One by a Russian composer?
Tchaikovsky… Swan Lake? Sleeping Beauty?
Prokofiev… Cinderella?
Out of Russia… Aida, Turandot, Scheherazade, Salome… There are a bunch of princesses and queens and it’s hard to guess! :D

Mao skating to Tchaikovsky reminds me of “Nutcracker.”
Mao skated like a real fairy among the human skaters and won the GPF in the year of her senior debut.
Prokofiev’s Cinderella contains a little bit of toxin and I love the music.
I would love Mao to choose anything/everything! I have a lot of dream about Mao’s new programs.
Can’t wait till the official announcement :DDDD

Samurai Athlete Mao-61 Catch Up With Kozuka




小塚についていけ
Catch Up With Kozuka


MC: まずは小塚選手、世界選手権の銀メダルおめでとうございます

小塚: ありがとうございます。

MC: メダル獲得から1週間経ちましたが、実感はわいてきていますか

小塚: 本当に沢山の方が祝福してくださって、名古屋に帰って友達にも会って、よかったね、世界選手権のメダルだもんなと喜んでくれて、本当に世界選手権でメダルを獲ったんだと実感がわいてきますし、嬉しいですね。

MC: ご自身で分析される、ご自分が銀メダルを取れた理由とは

小塚: とにかくよく練習したこと、自信を持ってできたことが今回の結果に繋がったんじゃないかなと思います。

Narration: メダルをもたらしたのは、練習を積み重ね、ある課題を克服した自信。その課題とは4回転ジャンプの着氷です。

小塚選手は転びやすい両足での着氷が癖になっていました。
その癖を直して片足で着氷し4回転ジャンプの精度を高めるのが目標でした。そして世界選手権の直前にその感覚をつかんだといいます

迎えた大一番、完璧な4回転ジャンプを決めた小塚選手。
今シーズン男子の鍵を握った4回転ジャンプに徹底して取り組んだ成果でした。そのジャンプを改めて見てもらいました。

MC: ご自身で振り返っていかがですか

小塚: 僕の中の理想のままできたと思います。高さも距離も回転のスピードも

MC: 浅田さん見ていかがですか

真央: いやもう、すごいです。キレイです。簡単に跳んじゃってるみたいな・・・マイナスの付け所がない。

小塚: 簡単じゃないんだよこれが

MC: そうですね、簡単に見せられてしまうとけっこうみんな跳べるんだなと勘違いしてしまうんですけど、そういうわけじゃないんですよね

真央: 難しいです

小塚: 難しいですけど、だいぶ世界の傾向として4回転を跳べる選手が増えてきて、フリーの中に入れる数も増えてきましたし、跳べたって喜んでる場合じゃないなと思ってます。

Narration: 小塚選手が長年指導を受けている佐藤信夫コーチ。
去年9月からは浅田選手も佐藤コーチに指導を仰いでいます。浅田選手は同じリンクで練習をしている小塚選手の活躍をどうみているのでしょうか

真央: 一緒に練習していてもやっぱり安定してますね。ショートもフリーも自分のここっていうものをすべて持っていて、やっぱり試合を見ていてもああもう大丈夫だなという感じは受けました。
自分はどちらかというと信夫先生も言ってたんですけど、とりあえずついていけって言われてます

MC: 小塚選手に?

真央: はい。

MC: お兄ちゃん?

小塚&真央: ははは

小塚: そんなこと言われていたんですね

MC: そもそも佐藤コーチは本番に入ると厳しいと聞きますが

小塚: 練習の時は厳しいですけど僕は怒られませんでした。今年は

真央: 真央はちょっと・・・2回くらい?

小塚: シーズン入ってから

Narration: 一方浅田選手は連覇を期待されながら世界選手権自己ワーストの6位。自分の演技をどのように受け止めているのでしょうか

MC: もし点数をつけるとしたら百点満点でどれくらいでしょうか

真央: 難しいですね、まあ半分以下ですね。自分の実力と演技を合わせたら半分以下だと思います。

MC: いまご覧になっていかがですか

真央: ロシアにはいてからもアクセルはずっと決まってなかったので、それに比べたらいいほうだったかなとは思うんですけど、やはり回転が足りてないのでこれはもうマイナスですね。

Narration: 世界選手権では大会中に佐藤コーチから3Aを2Aにする安全策を提案されたといいます。それでも浅田選手自身が3Aを選んだ理由とは?

真央: 自分もダブルにしてやったことがなかったので、それをいちばん大きな世界選手権でやることが自分にとって本当にプラスに行くんだろうかっていう不安はありました。逆にそっちのほうが不安になっちゃうんじゃないかなというのはありました。

MC: 直前とはいつ頃ですか?

真央: SPの朝の公式練習のときです

MC: 小塚選手から見ても3Aが決まらないシーンはあまり見なかったかもしれないですけども、そういうシーンを目の当たりにしたことも含めて、どうご覧になっていましたか

小塚: 試合の本番で3Aをやる根性というか気持ちの強さというのは、本当に見習わなきゃいけないなと思います。僕だったら多分先生に「はい」といってダブルでやってたと思います。

MC: あれ?早いですね

小塚: 僕は素直に行きます(笑)

MC: 浅田さんにある方からお手紙をもらっています。どなたからだと思いますか

真央: わかんないです。あ、え?佳菜ちゃんですか?

MC: 正解!どこで分かりました?

真央: 絵で分かりました

小塚: 絵、絵

Narration: 送り主は16歳の村上佳菜子選手。世界選手権初出場ながら8位。ジュニア時代は浅田選手と同じクラブに所属。日本代表となってからも浅田選手の背中を追いかけています。

手紙:

真央ちゃんへ
いつも妹みたいに可愛がってくれて本当にありがとう
世界選手権でも朝・昼・夜いつもご飯一緒に食べてくれたりとかしてくれてとってもとっても嬉しかったです

今度遊びに行くのが楽しみで楽しみでウズウズしてます

遊園地も行きたいしショッピングも行きたいし、スウィーーーーツも食べたいし、やりたいことがいっぱいで顔が書いててニヤニヤしちゃいます

真央ちゃん大好きーーーーーーー

これからも真央ちゃんみたいな優しくて素敵な人になれるように頑張ります。よろしくお願いします。真央ちゃんのスケートも大好きです。

佳菜子より

MC: 愛情たっぷり

真央: 上手ですよね、字とかキャラクターとかも、嬉しいですね

MC: 村上選手はどんな存在ですか

真央: 昔からよく一緒に練習してたんですけど、中京大学でも一緒に練習することがあるんですけど、自分も頑張らなきゃいけないなという刺激をもらえる選手でもありますし、一緒にいてもすごく楽しいので、すごいいい関係かなと思っています。

MC: 2014年話はまだ先になると思うんですけど、これからどのようなスケートを見せていきたいと思っていますか

真央: やはりまだまだだったなと感じているので、でもそれによって大きなやらなきゃいけないこととか、できるようにしなきゃいけないことはたくさん見つかったので、シーズンオフの期間にしっかり改善して来シーズンに備えれば、一段とレベルアップできるんじゃないかなと思っています

小塚: 世界選手権でも銀メダルまで行けましたし、来年になるか再来年になるかそこまでは分からないですけど、ぜひ金メダルを目指していきたいなと思っています

MC: 今シーズンはこれで終わりですが、このインタビューの後には2人ともオフの期間の練習予定を話し合ったりしていて、早くも心は次のシーズンを見据えているなという感じがしました

MC: それにしてもリンク上で見せるスケーターとしての戦う表情と、オフの時に見せる柔らかい表情と、桜井さん、そのギャップが魅力的な2人ですよね

桜井: 以前お二方とご一緒した時に、兄妹のように仲のすごい良い印象があったんですけど、今日のVTRから、それに加えて尊敬しあってる雰囲気も感じられましたね。
浅田選手と村上選手も姉妹のような雰囲気もありますけれど、競技者としては刺激しあいながらお互い切磋琢磨してるんだなというのを感じ取れました。
今回の世界選手権の結果はそれぞれ違いましたけれども、来年再来年、2014年のオリンピックに向けて、意味のある1年になったのではないかと思いますので、楽しみですね。


MC: First of all, Kozuka, congratulations on your winning the silver medal at the World Championships.

Kozuka: Thank you.

MC: It’s been a week since then. What do you feel now?

Kozuka: Many people praised me, and when I came back to my hometown Nagoya, my friends told me “you did great,” or “this is the silver medal from the Worlds,” so it made me realize that I got a medal at the Worlds. I feel so happy now.

MC: How do you analyze the reason you won the silver medal?

Kozuka: I practiced hard, and performed with self-confidence.

Narration: He practiced hard and overcame a problem to be confident. The problem was the landing of a quadruple jump. Kozuka had a habit of landing with two feet in a quadruple jump which tends to cause fall at landing. His target was to correc the habit and improve the success rate of a quadruple jump by landing with one foot. A little before the World Championships, he got the feeling of landing with one foot.
In the competition, he nailed a clean, perfect 4T. That was the fruit of hard training of 4T he worked on this season. Quadruple jumps were the key to success this season.

MC: What do you say to your 4T?

Kozuka: I was able to jump just as I had pictured in my mind, in terms of height, distance and rotation speed.

MC: Mao, what do you say?

Mao: Well, it’s great. Beautiful. It looks like he jumps so easily… no fault at all.

Kozuka: No easy (laugh)

MC: To see you jump as if it’s so easy, we feel as if anyone can do, but it’s not actually.

Mao: Difficult.

Kozuka: Difficult. But recently, many skaters are succeeding in quad jumps and including several of them in their free programs. I cannot stay being happy just because I landed one at the Worlds.

Narration: Kozuka has been training under Nobuo Sato for years.
Since last September, Asada joined the team. What does Asada think to see her teammate Kozuka bearing good results this season?

Mao: Training together, I think he is very stable. He has confidence both in the SP and FS programs, so watching his permance in competitions, I knew he was going to do great. I’m told by Mr.Sato to catch up.

MC: Catch up with him?

Mao: Yes.

MC: Like your big brother?

Kozuka & Mao: hahaha

Kozuka: I didn’t know Mr.Sato told her like that.

MC: I heard Mr.Sato is so strict.

Kozuka: He’s so strict in training, but I was not yelled by him this year.

Mao: I got yelled… twice?

Kozuka: Yeah, since the season started.

Narration: Asada had a hope for a consecutive win, but ended at 6th, the worst result of her history of the Worlds. What does she think about her performance?

MC: What would you rate your performance at the Worlds, if the full marks was 100?

Mao: Well, I would rate lower than half, if I consider both my skills and performance.

MC: What do you feel watching your own jump?

Mao: I was unable to land 3A cleanly after arriving in Russia, so in that condition, the 3A in the competition may have been better than practice. But it’s obviously under rotated. It’s a minus.

Narration: Mr.Sato advised Asada to play it safe and change 3A to 2A during the competition, but Asada chose to stick to 3A. Why was it?

Mao: I never changed to 2A during the season, so I was uneasy if it would work well for me to change it for the first time in the biggest competition of the season. I thought it would make me feel even more uneasy if I changed.

MC: When did he advise you to change?

Mao: In the official practice on the morning of the SP.

MC: Kozuka, you may not have seen her fail 3A so often, but what did you think to see her performance at the Worlds?

Kozuka: Her guts, strong will to challenge 3A in the competition, that’s what I have to learn from her. If I were in her situation, I would have just said “yes” to the coach and changed to 2A. (laugh)

MC: Oh, that easily?

Kozuka: I would just be submissive. (laugh)

MC: We’ve got a letter for Mao from someone. Who do you think it’s from?

Mao: I have no idea…oh, uh? Kana-chan?

MC: Right! How did you know?

Mao: The drawing on the envelope.

Kozuka: The drawing.

Narration: It’s a letter from Kanako Murakami, 16. She finished 8th at her first World Championships. She was training in the same club as Mao in their junior days. Now that she has joined the national team, she is trying to catch up with Mao.

Letter from Kanako:

Dear Mao,

Thank you for always treating me like a sister.
I was so happy that you took me for breakfast, lunch and dinner every day during the Worlds.

I got itchy feet to go out with you.
I wanna go to an amusement park, shopping, eat sweeeeets… so many things to do with you and I’m already smiling just to think about it.

I looooooove you!

I’ll do my best to become a sweet, nice girl like you.
I love your skate too.

Love,
Kanako

MC: It’s full of love.

Mao: She writes so neatly, too, these letters and drawings. I’m so happy.

MC: What do you think about Kanako?

Mao: We’ve been practicing together since long before, and we often get together at the university rink these days. I’m motivated practicing with her, and I enjoy her company. We are very good friends.

MC: 2014 is still far ahead, but what plans do you have in mind?

Mao: I felt that I lack in many things (from the result of the Worlds). But from this season’s experience, I’ve found important things I have to do and I have to acquire. So I want to improve what I found during the off season and prepare for the next season. That way I think I can improve.

Kozuka: I’ve reached the silver medal at the Worlds this season. Not sure it’s next year or 2 years from now, but I’m targeting to win the gold.

MC: The season’s just over, but after the interview, they were already talking about their practice during the off season. They are already thinking about the next season.

MC: They have different attractive personalities on and off the ice. On ice, they are fighing skaters, and off ice, they are sweet young people. Mr. Sakurai (a member of a very popular pop star group and a newscaster of this news show), what did you feel?

Sakurai: When I got together with them before, I thought they were very good friends, like a brother and a sister. But watching their interview today, I thought they are not only good friends but respect each other.
Mao and Kanako are like real sisters as well, but they are developing through friendly competition as skaters.
They had different results at the Worlds, but for the coming years and the Olympics in 2014, the results will surely work for them. I’m looking forward to ther development.

*************



とてもいいインタビューでした。
ライバル構図もなく、各選手をシンプルに振り返っているし、彼らの仲の良さも、とても自然でいい関係に思えます。

3Aにこだわり続けること、否定する人もいますが、私はいいと思います。
まだジャンプの改良中なので、調子は悪かったかもしれないけど、3Aが跳べなくなったわけじゃない。
アスリートにはどんな時も、自分の技に対するプライドがなくてはならないと思います。

冒頭、小塚選手のメダル獲得やジャンプの成功の話を聞いている時の真央ちゃん・・・
ふつふつと静かに燃える闘志を感じました。
もちろん小塚くんの活躍を喜んでいると思うけど、なんたって負けず嫌いの真央ちゃん。小塚くんにも負けたくないっていう気持ちはどこかにあるんじゃないかなと思います。

子供のとき、男の子が先に4回転を決めて、泣いて悔しがった真央ちゃんですからね。
http://kumaneko037.blog103.fc2.com/blog-entry-37.html
私はそういう真央ちゃんがとても好きです。

さて、「小塚についていく」という言葉ですが、「ついていく」の訳としては follow という言葉もありますが、そんな真央ちゃんですので、おとなしく後をついていくというよりも、catch up (追いつく、追い上げる)という言葉を選んでみました。

しかし小塚くんは follow と受け取って、なんかまんざらでもなさそうな笑顔?
(すみません、妄想です 笑)



It was a very good interview.
Not framing Mao (or Kozuka) in a rivalry with someone else, they simply looked back their results for this season. Their friendship is so natural and ideal.

Mao’s policy to stick to 3A is sometimes critisized, but I support her.
She may have been in a bad condition this season, on her way to improve her jumps, but it doesn’t mean that she lost her 3A.
An athlete always needs to take pride in one’s technique.

Look at Mao listening to the success of Kozuka at the beginning of the interview.
I felt the fighting spirit and passion inside Mao from her expression.

Of course she’s happy about Kozuka’s big breakthrough, but Mao is Mao, the fighting girl. I suppose she hates to lose even to Kozuka. Remember that Mao cried when a boy landed a quad jump before Mao when she was very young.
http://kumaneko037.blog103.fc2.com/blog-entry-37.html
That’s what I love about her!!

Therefore, the word Nobuo told Mao, literally “tsuite-iku” in Japanese, was tranlated here as “catch up with Kozuka,” not “follow Kozuka,” though the original Japanese word has the both meanings. Mao is not a type of girl who follows after someone, at least as a skater!

But Kozuka seems to have received it as “I’ll follow him” and smiles happily…???
Sorry, it’s only my imagination! :DDD





Samurai Athlete Mao-59 "Kuyashii"



真央:
シーズンオフに何をしていくかって言うことをもう一度しっかりミーティングをして、それからやはりこの悔しい気持ちを忘れないで次のシーズンに臨みたいと思っています。

大輔:
すごくこれから3年間非常に難しい状況の中での闘いになると思いますけど、自分自身の可能性を信じてソチまでやってみたいなという気持ちで今はいます。

Mao:
I would like to throughly discuss what I should do during the off season and go on to the next season. I will remember disapointment I am feeling now.

Daisuke:
Next 3 years will be very tough for me to fight, but now I'm motivated to continue till Sochi believing in my potential.





美姫:
一人でも多くの人の笑顔が自分のスケートを見て戻ったらいいなと、それしか自分にはできないので。メダルを今の日本に持って帰れるということは、すごく本当に重みのあるメダルになったんじゃないかなと思います。

スケートを通じて今の日本の何か力になれたらいいなという思いを持っていきたいなと思います。


真央:
シーズン前半に比べたら今の状態は良くはなってきているので、結果も自分の実力もしっかり受け止めて、今の自分をしっかり見直したいというふうに思っています。

シーズンシーズンによってやはり悩みがたくさんあるんですけど、でもそれを乗り越えられると思うので、いつでも乗り越えてきたので、多分この悩みはぜんぜんちっちゃなものなので、これからそれを乗り越えていくために練習していきます。


Miki:
I hope I can bring smile to as many Japanese people as possible. That's all I can now. I can bring back the gold medal to Japan under the current situation... I think it has a big meaning that I was able to do so.
I will keep in mind that I feel happy if I can give power to Japan through figure skating.

Mao:
I feel I have improved much better compared to the beginning of the season. I'm aware of the result and my current skills. I would like to review myself well.


*******

悔しいっていう言葉にぴったりな英語って、じつはないんですよね。
訳すのがとても難しい言葉の一つです。きっと言葉がないだけで、同じ感情はあるのでしょうけれど。
でも、このタラ・リピンスキーのコメントを見てください。
真央ちゃんのバンクーバー表彰式の悔し涙、それが真央ちゃんの素敵さだと分かっているんですね。

Mao says "kuyashii" about the result of the Worlds.
It's one of the Japanese words that are very hard to traslate into English.
It's a mixture of regret, disappointment, mad and frustration.
But listening what Tara Lipinski said in her commentary, she knows how "Kuyashii" Mao was on the podium of Vancouver and how the fighting style of Mao makes her an attractive skater.




Tara:
Andrea, as I watch this program it's hard not to remember her worlds experience last year.
In the long program with the dark music but more importantly the way she skated to it, that power and attack.
She was so mad in vancouver when she finished 2nd.

Andrea:
Remember watching her on the medal stand in Vancouver she had the look on the face like...

Tara:
That's what I love about her!
That's what she's missing. She looks timid and fragile out there, that's not the skater that Mao is.
Then again at the same time I have to say I'm not sure how many skaters could handle the changes and issues that she's been through this year and still come out and put out a performance like this.

Tara:
Andrea, I feel like we've seen the fall, if you will, of Mao Asada this year, but in my opinion this is no indication of the future. This girl's way too talented to stay down for too long.

Andrea:
Her coach Nobuo Sato. She told him that her long range goal was to win in 2014 and he said that's why we went back to basics, startover. They've got time to rebuild Mao Asada.

タラ:
アンドレア、このプログラムを見ていると、去年のワールドを思い出さずにいられないの。
ロングプログラムは暗い曲を使っていたけれど、重要なのは、彼女がどのようにその曲に合わせて滑ったかということ。あのパワーとアタック。
バンクーバーで2位に終わったことに、とても怒っていた。

アンドレア:
バンクーバーの表彰台を思い出して。その気持ちが表情に表れていた。

タラ:
彼女のそういうところが大好きなのよ!
いまそれが失われている。臆病で脆く見える。それは真央というスケーターじゃない。
でも考えてみると、今年彼女が経験してきた変化や問題に対処しつつ、それでもなお試合に参加してこれだけの演技ができるスケーターがどれだけいるのでしょう。

タラ:
アンドレア、私たちは今年、いわば浅田真央の失墜を見ているかのような気になるけれど、私はこれが彼女の将来を示しているとは思わない。
彼女ほどの才能があれば、長期間停滞することはないでしょう。

アンドレア:
彼女のコーチ、佐藤信夫さん。
彼女は自分の長期的な目標は2014年に優勝することだと彼に言った。それで基礎に立ち返り、やり直しているのだと。
浅田真央の改造にかける時間はたっぷりあるわ。

NEW *TOP* OLD

プロフィール

kumaneko037

Author:kumaneko037
くまねこです。浅田真央ちゃんのファンです。
真央ちゃんの愛すべき人柄を世界に発信したい!
というほど影響力はありませんが、日本語が分かる人だけにとどめておくのはなんだかもったいないくらい、サムライと天然ほんわか娘が同居しているので・・・

Hi, I'm Kumaneko.
I started this blog to let the world know what an exquisite mixture of Samurai and cute & innocent girl Mao Asada is by translating Mao's words. Please enjoy!

Twitter

Twitterで更新情報UPしてます♪

kumaneko037をフォローしましょう

Follow me on Twitter for updates!

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

クラシック演奏会

Enjoy classical music as the BGM!

月別アーカイブ

Shopping

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。